服飾の専門学校に行こう|ファッション好きは必見

美容師の養成スクール

勉強する女性

何を学べるのか

大阪の美容専門学校は数十校あり、校風はそれぞれ違います。しかし、美容専門学校では国で定められた必修授業1400時間以上を履修しなければいけないという決まりがあります。卒業後に美容師の国家試験を受ける、また美容師になるために必須の授業が大阪の美容専門学校で受けることが可能です。その授業内容は学科授業と実習授業に分けられ、学科授業では関係法規から文化論、技術理論など、美容に関する知識を幅広く勉強します。一方、実習授業ではカッティング、ワインディング、オールウェーブセッティングと、直接施術する技術を習得します。国家試験の実技試験にはシャンプーブローやカラーリングなどは出題されないため、これらは必修授業以外約600時間の授業枠で学ぶことになるでしょう。また、さらに専門性を高めるための選択科目を用意するなど、大阪では美容専門学校によって様々な特色を出しています。選択科目の例を挙げるとネイルやエステ、着付けなどですが、中にはブライダルスタイリストやメイクアップアーティストを目指す人に向けたカリキュラムを組んでいるところもあります。大阪の大手校であれば、有名なスタイリストを招いての講習を開催することもあるので、幅広い経験談や知識を得ることができるかもしれません。近年人気のアイリストになる場合もやはり美容専門学校に通い、美容師免許を取ることが必要です。美容専門学校での勉強は美容の基礎が詰まっています。なお、通学期間は昼間コース、夜間コース共に2年以上で、通信制だと3年というのが一般的です。